今でもすべてをコレクション│イェーガーマイスター・ポルシェの誕生の裏にいた重要人物

エックハルト・シンプフのコレクションは、時を経る旅のようなものだ。

今や伝説的なイェーガーマイスター・ポルシェの背後にいるシンプフのポルシェへの執着は幼い頃から始まっていた。彼はポルシェ以外のクルマも所有しているが、ツッフェンハウゼンの作品であるポルシェほど中核をなすものはない。

もうひとつ珍しいことは、コレクションの欲求を最初に引き起こしたものがまだそこにあること。彼にとっては914/6だった。もちろん、普通の914/6ではない。1972年にロイトリンゲンの自動車ディーラーであるマックス・モリッツから購入したクルマであり、2年間その914/6とレースをしていた。

「モンテカルロ・ラリーでドライブしたいと思っている中、ポルシェは914/6を市場に投入しました。ミドシップエンジンのデザインとコンパクトなサイズが気に入りました。そこで、1970年に自分で914/6を購入し、いくつかのラリー、スラロームイベント、レースでドライブしました。1971年1月のモンテカルロで、実質的に標準的な914/6と競いました。ミドマウントエンジンと雪は危険な組み合わせでしたよ」



資金を調達するために、シンプフはいとこのギュンター(イェーガーマイスターのCEO)に連絡を取り、彼の冒険に向けて寄付を求めた。その見返りに、イエーガーマイスターのレタリングがクルマに施されたのだ。

こうして、イェーガーマイスターレーシングチームが発足した。このチームは、それから数十年にわたって多くのトップクラスのレーシングカーとドライバーに資金を提供することになる。今日まで、クワガタのロゴが付いたオレンジ色のレーシングカーは、世界で最も人気のあるクルマのひとつだ。

2年間、オレンジ色をまとった一台は、勝利と好成績をもたらした。 914/6GTの後には、1974年に3.0 RSRが続き、1974年から1977年までの84レースに登場し、39回の勝利を収めた。

何千もの写真はいうまでもなく、何百ものポルシェのポスターや雑誌、トロフィー、クラッシュヘルメット、そのすべてが彼の歴史であり、コレクションであるのだ。

RECOMMENDED