セイフティチームを設立│様々な面でポルシェと貢献したヘルベルト・リンゲ

見習いメカニックからファクトリードライバー、そしてオペレーションマネージャー。ヘルベルト・リンゲはポルシェと共に生きてきた。彼はフェルディナント・ポルシェとプライベートでも付き合いがあった数少ない人物のひとりである。

「私はよくポルシェ博士と出会った頃のことを思い出します。 彼はいつも従業員の話を聞きたがっていました。ワークショップを訪れるたびに、働いている人ひとりひとりと握手を交わしていました。息子のフェリー・ポルシェとよく一緒にいました」

1943年4月1日、リンゲはポルシェに入社した。当時、ポルシェは一時的にオーストリアのグミュントに工場を置いていたが、その後1949年にフェルディナントのルーツであるシュツットガルトのツッフェンハウゼンへと戻っている。



リンゲはスポーツカーを整備するメカニックとして活躍しており、356の開発にも携わっている人物だ。その後、フェリー・ポルシェはカスタマーサービス部門を立ち上げるべく、リンゲをアメリカへと派遣した。彼のモータースポーツに対する情熱は日ごとに募り、テスト・開発ドライバーを務めたのち、自ら実際のレースにも参戦するようになった。



1952年のカレラ・パナメリカーナにはコ・ドライバー兼メカニックとして参戦している。その後、自らステアリングを握り、ミッレミリア、リエージュ~ローマ~リエージュラリーに出走、マラソン・デ・ラ・ルートでは勝利を獲得している。

彼が最も鮮烈に、昨日のことのように記憶に残っているのは、ポルシェ917で参戦したル・マン24時間レースのことだという。

RECOMMENDED