現役でポルシェ356が走り続けられるように│ポルシェが継承している純正部品

356という数字に、魅了されるクルマ好きは多いだろう

356は1948年から1965年にかけて製造され、フォルクスワーゲンから先代モデルの356よりもさらに多くの量産部品が提供された。356は今もポルシェを代表するモデルとして継承されており、クラシックカーとなった今でも多くの356が現役で走り続けている。そのドライビングプレジャーは今も変わらない。

しかし、1950年代以降、車両には多くの要求事項が課せられるようになった。特にブレーキシステムなどの安全性に関係するコンポーネントに当てはまる。定期的なメンテナンスと摩耗した部品の交換が非常に重要となるのだ。そこで、ずっと走り続けられるようにポルシェは356専用のブレーキドラムを純正部品として製造している。

鍛造ブランクから丹念に製造されるポルシェクラシックブレーキドラムと、市場に流通している他の交換部品との間には決定的な違いがある。ポルシェクラシックのブレーキドラムは、製造された後に行われる内部検査にすべて合格しており、もちろん形式承認も継続されている。正真正銘のポルシェなのだ。コストはかかっても、変えることのできない安全性を提供している。

ブレーキシューセット(モデルイヤー1950~1963のすべての356用)、ブレーキドラム356B(モデルイヤー1959~1963のすべての356B用)、ブレーキディスク356C(モデルイヤー1963~1965のすべての356C用)といった部品が今でも作られている。世界中の自動車ブランドの中でもポルシェは特に歴史の継承や、過去のモデルを乗り続けられるようにすることに力を注いでいることが分かるだろう。

RECOMMENDED