1000台目のタイカンがノルウェーで引き渡される│エレクトリックのこれからの重要性

2020年11月の初めに、1000台目のタイカンがノルウェーで納車された。タイカンの発売により、スカンディナヴィアでは、2019年の同時期と比較して今年のポルシェの売上高が2倍になっているそうだ。

1000台目を受け取ったThomas Røedは、オスロのポルシェセンターでタイカンを受け取った。「私がフォーカスするのは、トラックでできるだけ速く運転することではなく、ツーリングカーとしての性能です。毎日の運転の喜びが私にとって最も重要です。5回目のポルシェなので、以前のポルシェと同じドライビング特性が期待できます。タイカンのパフォーマンスが良いと聞いているので、山に登る最初のドライブを本当に楽しみにしています」





ポルシェAGは、顧客に納車されるすべての新車の半分以上が2025年までにエレクトリックになるという目標を設定した。次に発売されるフルエレクトリックモデルは2021年のタイカンクロスツーリスモである。コンセプトカーはすでに検討されているそうだ。



「2017年以来、バッテリー式電気自動車のシェアはノルウェーで2倍以上になり、今日では50%近くになっています。結果として生じる電化戦略のおかげで、市場には興味深い可能性が見られます。これは2020年だけではありません」と、ポルシェAGのヨーロッパ地域担当副社長であるバーバラ・フレンケルは述べている。「ノルウェー政府は、電動車の選択を奨励する税制、優れた充電インフラストラクチャ、その他の手段で電気自動車をサポートしています。これらすべてが、排出ガスのない自動車交通への道のりで、ノルウェー市場の大きな前進につながりました。私たちは素晴らしいエレクトリックスポーツカーでこれに参加したいと思っています」

RECOMMENDED