ポルシェ906を現代に蘇らせたら?ポルシェが想像する未来の姿

デザインチームがデザインプロジェクトで未来の自動車を開発したとしても、ポルシェの歴史は常にインスピレーションの源として存在している。つまり、ポルシェ906 リビングレジェンドにおいてポルシェ906は、プロポーションとボディデザインのベースモデルとして機能したのである。

これは、たとえば、フロントエンドの赤いボンネットとヘッドライトのレイアウトによってわかるだろう。1966年のタルガ・フローリオで見られた伝説的なレーシングカー 906を彷彿させる。



「このようなビジョンの設計プロセスは非常に自由です」とポルシェのマイケル・マウアーは説明する。「過去に誕生したデザインを維持する必要はありません。たとえば、ヘッドライトは未来的な光源として吸気口に配置されました。後で電気モデルのアイデンティティを開発するときに、これらのデザインをもう一度調べました。理想に近づいています」



もう1つの革新的なアイデアは、ポルシェ906 リビングレジェンドのボディを2つのパーツがくっついた状態にすることだった。隙間は、ボディ中央に取り付けられた強力なエンジンの換気ダクトとして機能するという構想だ。リアには、赤いライトストリップが付いた2つの垂直フィンがあり、後ろからの姿も圧倒的な存在感を放っている。

RECOMMENDED