未来のモデルになるかも ?! ポルシェ ビジョン・スパイダー

ポルシェは、1954年の550-1500RSスパイダーの現代版としてこのビジョン・スパイダーを構想した。

2019年に製造され、718ボクスターと同じ系統にあるが、スピードスターの精神に沿った、よりシンプルでより基本的なモデルとなっている。短いフロントガラスと固定されたマルチポイントロールバーが装備されている。



ポルシェは、ビジョン・スパイダーがミドマウントエンジンで駆動されていることを公表しているが、4気筒か6気筒かはわからない。同社によれば、「この研究は、燃焼エンジンを搭載したポルシェスポーツカーのデザインアイデンティティをさらに発展させるための基礎となった」とのこと。そのスタイリングの手がかりのいくつかは、今後数年間で将来のモデルに転換される可能性がある。



また、ポルシェは、「この研究は、ポルシェのデザインアイデンティティをさらに発展させ、将来のモデルについてアイデアを提供することを目的としていました。超近代的なロールバーなどが例です」とも述べている。今後のモデルが楽しみになる。

RECOMMENDED