ポルシェ愛は永遠!あなたのポルシェのこと教えてください企画第14弾!

あなたのポルシェのこと教えてください企画第14弾!  集まってきている様々なストーリーをご紹介します。

愛車との物語はまだ募集しています。素敵なストーリーお待ちしております!
フォームはこちら→ https://form.run/@ccccll-1602761599



オーナー:ペッキーさん
所有車:シュトロゼック930カブリオレ

所有歴:7年
 
ポルシェを好きになったきっかけ:ポルシェ、中でもシュトロゼックを好きになったきっかけを綴ります。シュトロゼックとの出会いは大学時代にみたSPECIAL CARSという雑誌のポルシェ特集である。カエル目が特徴的な911をなんとフラットノーズ化して、つぶらなお目目にしてしまった911をみて、びっくりしたものである。そして、そのシュトロゼックは憧れの存在となりました。80年代、ポルシェチューナー達が多数出現、当時の3大チューナーはRUF、ゲンバラ、シュトロゼック。それぞれ得意分野が違うが、ボディワークで突出していたのがシュトロゼックである。


 
愛車とのストーリー、アピールポイント:バブル世代の私、大学時代は空前の好景気であったが、流石にシュトロゼックのコンプリートを見ることは無かった。雲の上存在と忘れかけた時、私に再度その想いを復活させてくれたのが「彼女のカレラ」の作者・麻宮さんとの出会いだ。有名な彼の愛車は、シュトロゼックMEGAスピードスターだ。よくご一緒させていただいた。



そして、2014年9月、私は930のシュトロゼックを手に入れることとなった。正式名称は、シュトロゼック911カブリオレ・バージョンⅢである。毎年紅葉の時期に1番コイツを出動させます。幌を開けて、直接空冷フラット6を聴きながら、色とりどりの山道を走る。至福のひと時です。現在ポルシェ4台体制をエンジョイしている状況であるが、定年退職後は1台と決めております。この930を死ぬまで、現実的には免許返納まで乗り続けます。



RECOMMENDED