訃報 ポルシェモータースポーツファミリーの重要人物 ヴァルター・レヒナーが逝去

1985年以来ポルシェファミリーの貴重なメンバーであるヴァルター・レヒナーが亡くなった。

その年、ポルシェ956のハンドルを握って彼はレースデビューを果たし、さっそく初勝利を飾った。20年以上にわたる彼の成功したキャリアの間に、レヒナーは、ポルシェのグループCマシンをドライブさせてインターセリエで2つのタイトルを獲得し、ル・マン24時間レースにも出場している。

「ヴァルター・レヒナーは非常に特別な人物であり、アクションマンであり、モーターレースのシーンで大いに尊敬されていました。何十年もの間、ポルシェモータースポーツの信頼できるパートナーであり、ポルシェブランドの顧客競争に大きな影響を与えてきました。最も困難な状況下で、彼はポルシェスプリントチャレンジ中東を構築しました。これは現在10年以上に渡り開催されています。ヴァルター・レヒナーは私に多くのことを教えてくれました。彼の死はポルシェモータースポーツファミリーにとって大きな損失です」とモータースポーツ・セールスディレクターのマイケル・ドライサーは話した。

1996年にウォルター・レヒナーはモータースポーツ会社を設立した。現在、レヒナーレーシングは息子のロバートとウォルタージュニアによって運営されている。そして、レーシングチームに加えて、レーシングドライバースクールとイベントエージェンシーも行っている。オーストラリアから優れたドライバーを輩出することにも力を注いでおり、最も成功しているチームのひとつとなっている。

「ウォルターは真の紳士であり、人生のあらゆる分野で尊敬されている人物でした。彼の素晴らしいキャラクター、抑えきれない感情、そして信じられないほどの熱意で、長年にわたってポルシェモービル1スーパーカップを形作った親友として彼を覚えています。ポルシェモータースポーツファミリーの不可欠な存在でもあります。私の心からの哀悼の意は彼らとウォルターの妻クリスティンに捧げます」とポルシェモービル1スーパーカップのプロジェクトマネージャーであるオリバー・シュワブはコメント。

ポルシェモータースポーツファミリーは、ヴァルター・レヒナーの家族がこの困難な時期を乗り越えることを願い、心から感謝を述べている。

RECOMMENDED