「The Turbo principle」テクノロジーのリーダーであり続けるターボ

ポルシェにとって、ターボは単なるシリーズではない。特別な特徴の表現であるのだ。何よりも際立っているのは、ターボは常にテクノロジーのリーダーであるということ。

ポルシェが45年前に911ターボを導入して以来、その名前は世界中で最も速く、最もエキサイティングで、最高のバリエーションとして知られている。しかし、ポルシェのターボはモデルのバリエーション以上のものなのだ。ターボは、ドライビングダイナミクスと効率を組み合わせ、伝統から革新への架け橋を築き、妥協のない日常の使いやすさを提供する。



992シリーズの新しいフラッグシップの例を使用して、911のバイスプレジデントであるフランク・シュテファン・ヴァリザー博士は、開発責任者の立場から「ターボ原理」を説明する。「ターボは視覚的に明らかに異なっている必要はありませんが、何よりも違いを実際に感じることができなければなりません。したがって、差別化の作業は設計だけでなく、シャシーとエンジンに関しても、高く必要となります」という。



新しい911ターボのシルエットは、この差別化の最良の例である。大型のリアウィングとフロントスポイラーとボディのワイドウィングの組み合わせは、特に強力な911モデルの際立った特徴であり、最新のものも例外ではない。

新たに設計された3745cc 水平対向6気筒エンジンも、478kW(650ps)の出力のおかげで、ターボSの大きな前進を表している。新しいパフォーマンスベンチマークを達成するのに役立った要素は、将来、他のモデルや世代でも活かされるだろう。全輪駆動制御、アダプティブエアロダイナミクス、優れたブレーキテクノロジーのいずれであっても、ターボは常にパイオニア的存在であり続ける。

RECOMMENDED